✆ 無料電話相談はこちらから

『月次支援金』今はどうなっているの!?

2 min 104 views

コロナウィルスの全国的な拡大が続いています。この様な状況下、令和3年6月申請が開始されました月次支援金ですが、緊急事態宣言・重点措置等の地域拡大に伴い対象地域も拡大しています。今回の記事では、月次支援金が現在(令和3年8月20日時点)、どのように変化しているのかをご紹介させて頂きます。

申請期間は?

現在4月分、5月分の受付が8月15日に終了しました。

6月分以降の申請期間は
6月分:2021年7月1日~8月31日
7月分:2021年8月1日~9月30日
8月分:2021年9月1日~10月31日

上記の6、7、8月分までに加え、緊急事態宣言と重点措置が9月12日まで延長されたことに伴い、9月分の給付も決定されました。9月分の申請は10月1日から開始される予定です。

申請を行う上で注意が必要なのは、基本申請で申請する場合、登録確認機関で事前確認を受けられるのは申請期限の数日前までということです。

現在公表されている、各月の事前確認の期限は
6月分:2021年8月26日まで!
7月分:2021年9月27日まで!
8月分:2021年10月26日まで!

基本申請で申請をお考えの方は、登録確認機関の予約がスムーズに取れるとは限りませんので、期間に余裕をもって申請しましょう!

対象地域は?

緊急事態宣言・重点措置が発令された時期により異なりますが、現在の対象地域は下記の様になっています。

出典:「緊急事態措置又はまん延防止等重点措置の影響緩和に係る月次支援金の詳細について(PDF形式:2,420KB)
(経済産業省)を加工して作成

上記の表には8月20日に緊急事態宣言・重点措置の追加・適用を受ける地域が表記されていませんが、恐らくは8月分については給付の対象になると思われます。

現在の申請状況は?

一時支援金の残っていた申請処理が一段落したのか、先月までと比べて申請して入金までの処理は早くはなっている様です(6月に申請した方が、1カ月以上経過してようやく入金されたという話もありました)現在はおおよそ申請してから入金までは14日~20日程と思われます。しかし書類に不備がありますと、申請処理が大幅に遅くなることは確かですので、申請する前にじっくりと書類をチェックしましょう!

まとめ

今回は現在の月次支援金の状況についてご紹介しました。しかし数日で大幅に申請要件や給付対象等に変更が行われることが、給付金の申請に関しては考えられます。下記に月次支援金に関するリンクをご紹介しますのでよろしければ情報のチェックご活用ください。

https://ichijishienkin.go.jp/getsujishienkin/index.html
(↑リンク先:月次支援金ホームページ)

当事務所も月次支援金の情報をは常にチェックしますので、月次支援金についてご不明な点等ございましたらご相談下さい!

042-707-9125
メールでのお問い合わせはこちらから→

関連記事