✆ 無料電話相談はこちらから

ドローン申請の新システムドローン情報基盤システム2.0とは!?

2 min 52 views

令和4年12月5日から航空法の大幅な改正により、無人航空機(ドローン)の申請に関するシステムもリニューアルされました。今回の記事では申請に関する新システム「ドローン情報基盤システム2.0」について解説をさせていただきます。

新システムに入るには?

新システムに入るには「ドローン情報基盤システム2.0」か「DIPS2.0」と検索すると、ページのトップに「ドローン情報基盤システム2.0」がヒットしますので、そこから入ることができます。

https://www.ossportal.dips.mlit.go.jp/portal/top/

(↑リンク先:ドローン情報基盤システム2.0トップページ)

ログイン方法は?

新システムは機体の登録を行っていたドローン登録システムがベースになっており、ドローン登録システムで作成したアカウントのID・パスワードを用いてログインが可能です。これからドローンの飛行をお考えの方で、初めての方はここでアカウントの作成を行って下さい。

何ができるの?

新システムでは別々のサイトに分かれていた以下の申請等が可能になります。

  1. 無人航空機の登録申請(旧ドローン登録システム)
  2. 無人航空機の飛行許可承認申請(旧DIPS)
  3. 飛行計画の通報・確認(旧FISS)
  4. 事故等を起こした際の報告(旧DIPS)
  5. 機体認証の取得申請(法改正による新設)
  6. 技能証明の取得申請(法改正による新設)

旧システムでは個別にログインしなければなりませんでしたが、新システムによりひとつのアカウントで全ての申請を行うことが出来るようになり、かなり便利になったと言えます。⑤⑥は新設されたドローンの国家ライセンスに関わる申請であり、正に今回の法改正のキモと言えるでしょう。

旧システムのデータは反映されているの?

新システムは旧ドローン登録システムをベースに作成された様で、登録が完了した機体の情報は新システムに反映されていますが、旧DIPSで登録した操縦者情報は反映されていないので、残念ですが操縦者情報は再登録を行う必要があります。ちなみに旧DIPSでは、もう申請を行うことはできませんが、まだログインは可能で再登録を行う際に必要な情報を閲覧することができます。ちなみに令和5年1月末頃から旧DIPSで申請したデータを新システムから閲覧出来るようになるそうです。

まとめ

今回は新システムである「ドローン情報基盤システム2.0」についてご紹介させていただきました。既にアカウントをお持ちの方で、まだ新システムにログインしていない方は、一度覗いてみて下さい。かなり使いやすくなったと感じるでしょう。

今年も当事務所の記事をご覧いただいた皆様、誠にありがとうございます!来年も皆様のお役に立てる記事をご紹介していきますのでどうぞよろしくお願い致します!

042-707-9125
メールでのお問い合わせはこちらから→

関連記事